ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

自分がサンタ。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

今日はクリスマスイブですね。

なんだか大人になってからというもの、クリスマスが全然クリスマスっぽくなくなってきたなぁと。
ほんとは、もっとワクワクしたいんですけどね。

子どもの頃はクリスマスといえば、そりゃもう一大イベントでした。
それが年々特別感が薄れてしまい、気づけば普通の日になっていました。
クリスマスだけじゃなくて、年末年始なんかもそうなのです。

全ての大人がそうではないと思いますし、お子さまがいる家庭はまた少し違うのでしょうけど。
大人になったみなさん、どうでしょうか。

なんでだろうと、考えてみたんです。

大人になって、冷めてしまったからか。
それとも、他のことで忙しくなったからか。

いや、ちがう。
きっと、大人になったから自分でコントロールできることが多くなってしまったからだと思うんです。

クリスマスという特別な日に期待をしなくても、願いは叶うようになった。
むしろ、自分では叶えないと、待っててもその日はこない。

子どもの頃はクリスマスにしかできないことが、それはもうたくさんありました。

例えば、プレゼントをもらったり、ケーキを食べたりもそう。
女の子をデートに誘う口実にしたりするのなんかもそう。街全体が、もうそんな雰囲気だから。
自分の力でなんとかならないことを、クリスマスというイベントに託したわけです。

その日だけは、周りが後押しをしてくれる特別な日。
だからクリスマスを、ワクワクしながら待った。

その上、子どもの頃はサンタの存在まで信じていたわけで、そりゃもう特別なこと。
普通の日にサンタを呼ぶなんて発想は子どもの頃はなかったです。
サンタを呼ぶなんてことは、自分の力ではどうにもできない。

大人になってからは、欲しいものはクリスマスに限らず自分で買うもの。
デートの誘いだって、ケーキを食べるのだって、クリスマスの力を借りなくたってできるようになる。
自分がサンタなんですよね。

年末年始もそう。
いつもは仕事でなかなか家にいない父親が家にいたりする。
やってるテレビ番組もいつもと違ったりして、周りの全てがその日は特別でした。
それが自分が働き始めたらむしろ、自分が外に出てますからね。

そうやって、様々なことを自分でコントロールできるからこそ、特別な日に期待しなくなってしまったんじゃないかって。

コントロールできないことは不自由なこと。
でも、そっち方が同じことでももっと大切に思えることがある。

また、サンタを信じられるといいな。
自分でコントロールできない世界も、それはそれで幸せなことなのだ。

ウチヤマケンイチ
---
いつも読んで頂きまして、ありがとうございます。
ご意見、ご感想をコチラからいただけるとうれしいです。

Pocket
[`evernote` not found]

アーカイブ
検索