ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

もっと欲しがってみる。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

今日は今年最後の金曜日。

きっと今日で仕事納めという人が多いんじゃないでしょうか。
今年も1年間おつかれさまでした。

ニッカオフィスは年末年始も普段と変わらず活動する予定です。
とくにオンとかオフはないのですが、楽しくやってるのOK。

ですが決算というものは1年に1度訪れます。
2014年の売上やら経費やらを計算して、税金も納めなければなりません。
こないだうちの経理担当にこんなことを言われたのです。

「必要なものがあるなら今年の経費にするので、可能なものは今年中に購入してください」って。
ようは、節税にもなるし近いうちに買う予定のものがあるなら今年のうちに買った方がいいですよということです。

これを言われたとき、僕はすぐにお金の使い道が出てこなかったのです。
今ある道具や環境でもそれなりに仕事はまわっているし、今後事業をどんどん拡大していく予定もない。

でもよく考えると、これってあまり良くないことなのかもなぁと。

成長していたり、やりたいことがたくさんある企業。
そういうところは、どこも人もお金も何もかもが足りていなくて常に飢えています。

企業の上場なんかもまさにそう。
これからもっと大きなことをしようと、株主から資金を集めるわけです。

ところが僕は大した額でもないのに「何に使えばいいだろう」と考えこんでしまった。
別にこれが悪いことだとも思わないのですが、ちょっと草食すぎるのかなと。

現状に満足することも大切だと思います。
それと同時に仕事としてやっているんだから、もうちょっと野望みたいなものを持つことも大切かなと。
ちょっと意味は違うけれど、こんな言葉を思い出しました。

“Think that you are the best when you are up on the stage.
When you are off the stage, think that you are at your worst.”

ミュージシャン、エリック・クラプトンの言葉です。

「ステージに立っているとき、その時は自分が一番だと思おう。
そしてステージを降りたとき、その時は自分は一番下手くそだったと思おう。」
日本語に訳すと、こんな感じでしょうか。

日頃からもっと、あれをしたい、これをしたいと野望を抱いておく。
そうすれば、会社の動力となる資金をもっと有効に使う判断できると思うんです。

仕事をしているときは「もっと大きな仕事をしよう。資金をどう使おう。」と思っておく。
そして、結果自体は柔軟に受け止めて、手の中にあるもので満足する。

その時々で心構えを変えて、楽しく仕事をしていきたいですね。
これからちょっと意識してみようと思います。

そうそう、きちんと考えてみれば必要なものって結構あるものです。
ということで、このたびオフィスの修繕をしたり、仕事道具を新調することにしました。

おかげで新年はより快適な環境で仕事ができそうです。

ウチヤマケンイチ
---
いつも読んで頂きまして、ありがとうございます。
ご意見、ご感想をコチラからいただけるとうれしいです。

Pocket
[`evernote` not found]

アーカイブ
検索