ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

捨てられた傘。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

僕は同時に会社員もしているのですが、近々その職場でレイアウトの変更があります。

レイアウトの変更や、拠点の引っ越しというのは定期的に行われます。
そういう時は、一緒に各個人の席も移動になるわけですが、そういう時は決まって結構な量の廃棄物が出るんです。

よくあるのは、傘とか、収納用品とか、クッションとか。
そんな廃棄物は、オフィスの一角に集められます。

こういう光景を見ていつも思うんですよね。もったいないなって。
捨ててある物であっても、それを持ち帰ることは厳密には罪に問われることがあるそうです。

ですが、僕は使えるものなのに廃棄することにも抵抗があるんですよね。
今日もそこから、まだ使える傘を4つほど持って帰ってしまいました。
訴えられたら、もう謝るしかないな。

昨日書いた、みっともないってこと。
大の大人なのに、人が捨てたものを物色して持ち帰ることって、多分みっともないことです。職場なら、なおさら。
他の誰かがそういうことをしてたら、僕もあまりいい目で見ないと思います。

でも、これって悪くないみっともなさだとも思うんですよね。

ゴミ捨て場を汚したり、持ち主に迷惑をかけない。それは大前提。
そのうえで、捨ててあるものを持って帰って自分で大切に使う。それ自体は僕は必ずしも悪いもんじゃないのかなって。

飲み会でも同じような光景、たまに見かけます。
最後にみんなが残した物を食べたり、飲んだりする人。
そういう人を見ていてもやっぱりみっともないなとは思うのですが、それと同時に感心もするのです。

職場の仲間が見ているし恥ずかしいものです。
恥ずかしさを感じるってことは、良くないことだと自覚をしてる証拠。もう、いい大人ですからね。

でも、みっともなさの中に、正しいと思う気持ちもあるから、ついやってしまう。

さて、今日もひきつづき横浜は雨です。
さっそくですが、拾った傘が活躍してくれました。

拾われた傘が喜んでるかは分かりませんが、ひとまず僕はうれしいです。
ちなみに捨てた本人には気づかれないほうが良さそうですね。気持ち悪がられそうだから。

ウチヤマケンイチ
---
いつも読んで頂きまして、ありがとうございます。
ご意見、ご感想をコチラからいただけるとうれしいです。

Pocket
LINEで送る

アーカイブ
検索