ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

「それっぽく書くスキル」が上がった。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

毎日ブログを書いて、丸4年。

毎日書いていると、だんだん書くことがなくなってくるんです。
それでいつしかテーマを絞りだすうようになっていた。おそらくここ2、3年のこと。

それでもずっと書き続ける。すると変化が起きたんです。
次第に、書くことがなくてもそれなりに書けるようになってきたんです。
おそらく「それっぽく書くスキル」が上がったのかなと。

自分が心から書きたいこととか、伝えたいこと。
そういうものがなくたって、なんとなくそれっぽく書けてしまう。
それは、テクニックとしては便利ですが、なんだか無意味にも思える。

昔は、まず最初に「これを書こう」が先にあったんですよね。
喜びにしても、楽しみにしても、不満にしても。

それが次第に薄れてきて、内容を決めるまでに時間がかかるようになった。
そしていつしか、とりあえず書き始めさえすれば、あとは自然と手が動くようになってた。

これって、やっぱり良くないこと。
書くことはあくまで伝えるための手段で、主役は伝えたいことや考えていることにある。当たり前ですけど。

たとえ、書くことが苦手だったり表現が乏しくても、本心から語る言葉の方が人には伝わる。
子どもが書いた作文とか、短冊に書かれた願いごととか、あと親への手紙とか。
そういうものは伝える価値があるから、文書としてはおぼつかなくても、不思議とすごく伝わってくる。

別に今も書いていることが嘘というわけでもない。でも感情のレベルが落ち着いてきてるのはたしかなこと。
そろそろ、違う段階に入らないと続ける意味も薄れてきたなと。

いま一度、人に伝えたいことで溢れさせたい。
なんなら怒りの感情でもいい。

経験することを変えるか、それとも感じ方を変えるか。

きっと年齢的にも安定してしまう年頃だと思うんです。
多少荒っぽくてもこれまでの経験を破壊したいなと、そんなことを考えるのでした。

ウチヤマ ケンイチ

Pocket
[`evernote` not found]

アーカイブ
検索