ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

動物の無意識の行為って、すべて正しいんじゃないかと思ってる。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

奥歯の詰めものが取れてしまいました。
もういつ治療したところだかわからないところ。たぶん子どもの時に治したところかなぁ。

そのぽっかりと空いた穴を、気づくと舌でいじってしまってるんです。
他にもいつも口内炎とか傷があったりすると、ついいじっちゃう。ダメって言われてるのに。
この無意識の行為ってなんなんでしょうね。動物が傷口を舐める習性みたいなものが人間にも残っているのかな。

口の中だけじゃなくて身体の痛みとかもそう。
痛かったり違和感があったりするところを気がつけばつい触ってる。むやみに触っちゃいけないと分かってるのに。

ただこういう無意識の行為が、「あまりやらないほうがいいこと」だと言うのが信じられないのです。
どこかで動物の無意識の行為って、すべて正しいんじゃないかって思ってるから。

姿勢なんかもそう。いつの間にか猫背になっていて、でもそれは身体に悪いからやめたほうがいいという。
そして”意識して”姿勢を正すんだけれど、そのうち”無意識”に猫背になってる。

思ったのは無意識でやってることは、短期的に楽だったりと、場当たり的な行為なんですよね
気になる部分は触っていれば気が紛れるし、猫背もその時に楽な体勢をとってるということみたいだし。
で、そのときに正しい行動といえば、気になるなら治療したり、ずっと健康でいたいなら良い姿勢を身につけること。
机に座ってる時間そのものを見なおしたりもできる。

本能の部分に人の知恵を入れる。のちのち大変だよということを”意識して”直す。
そう考えると無意識では気付けない部分を補ってくれる知恵なんだから、きちんと意識しないとなと思うのです。

将来を見据える動物ってほとんどいないと聞いたことがあります。ほとんどの動物は、ただ今を生きてるって。
人間は人間なんだから、反応だけにまかせてちゃダメですね。

はやく歯医者さんに行こう。

ウチヤマ ケンイチ

Pocket
[`evernote` not found]

アーカイブ
検索