ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成29年11月9日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

仕事場と自宅のリフォームに向けて、今日は現場の下見をしてもらいました。
建築士の方たちがやってきて、部屋の寸法を測ったり、今のつくりの確認をしてくれたんです。

その姿を眺めながら、きっとプロには僕には見てえていないモノが見えているんだろうなと思って、専門職というのはなんともかっこいい職業だなと、改めて思ったのです。

僕も元々は学生時代、建築学科に在籍していました。
だから、本来であれば僕も彼らのように誰かの自宅や仕事場に行って、現場の寸法を測ったり建築やリフォームの相談にのっていたのかもしれなかったわけです。

でも、僕はそうしなかった。建築の才能がなかったんですよね。
そう考えるとなんとも不思議な気分になる。

今は違う仕事をしていて、それによって知識も、交友関係も、これからのキャリアも変わった。
暮らしに、人生そのものに、パターンBがあったわけだ。

とりあえずは、僕は自分が選んだパターンAの道を進むのです。
僕の仕事は企業を相手に、その会社が提供しているサービスのデザインをすること。中心はアプリやウェブのデザインです。
同じ専門職として、そこに僕にしか見えないものをきちんと見出さないとなぁ。

どんな設計になるのか今から楽しみです。
ついでにどんな風に仕事を進めて行くのかも、同じデザインを請ける仕事をしている立場として参考にさせてもらおうと思うのでした。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索