ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成30年4月30日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

デザインをしていると、どこまでオリジナリティを出すべきか悩むことがあります。

流行りに乗るほうがラクだし、支持もされやすい。
ただ誰かの真似ばかりじゃ、やりがいがないというか、しんどくなってくる。

デザインをしている人であれば、程度の差はあれど、そんな境界上で悩んだことがあるのではないでしょうか。

僕は他の仕事をしたことがないのですが、きっと他の仕事をしている人たちも同じ悩みがあると思うんです。

ミュージシャン、芸人さん、飲食店経営者。
人との違いというのはアイデンティティそのものだから、なにかを作る仕事だけじゃなくて、営業担当であれば他の人とは違う提案で売りたいとか、技術者なら自分独自のやり方でなにかブレイクスルーを起こしたいとか。
きっとみんな同じことで悩んでるんじゃないかなって。

最近思うのですが、今の世の中って、「人と違う」ことがどんどんむつかしくなってきてるなって。
それは世界中の情報がネットを介して届きすぎてしまうせいで自分と似たような人やアイデアを見つけやすいし、そして影響も受けやすいから。

だから、最近では「プロセスが自分らしいか」が大切なのかなと思うようになりました。
結果的に似てしまうことよりも、そこまでに自分なりのやり方を追及できれば、それこそが幸せなのかなと。

地球には75億人もいるんですからね。大変な世の中ですよ、ほんと。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索