ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成30年7月4日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

毎日写真を撮るようになって、もうすぐ10ヶ月。

良い写真が撮れるようになったかはさておき、以前は使いこなせていなかった絞りや露出といった写真を撮るための基本的な設定はある程度、自分の中で基準ができてきました。

食事で言えば、ようやく箸の持ち方が分かったところでしょうか。
これからも写真を撮って、いずれは良い写真が撮れるようになりたいと思ってます。

毎日撮っている写真は、1つのテーマに沿っています。
それは、普段の暮らしの中で見つけたモノを撮るということ。

ありふれた風景の中に、美しさやおもしろい構図、モチーフを見つける。
初めからカメラ映えする被写体を探しに行くのももちろん良いのですが、それは今の僕の興味とは少し違うんです。

ありふれたものの中にある美しさやおもしろさ、個性。
それはなんだか、良いデザインに通じるものがあると思っています。

どの要素を主役にして、どの部分を切り取るか。
そうやって構図を考えることは、デザインの中で最適な配置やコントラストを見つけることに似ている。

写真を撮るようになって、普段の暮らしの中にもいくらだって美しいものやおもしろいものがあることに気づいたんです。
もしかしたら、カメラの使い方が分かるよりも、そっちの方が収穫だったのかもしれないなぁ。

もうずっと撮っているつもりでしたが、まだ1年経ってなかった。
これからも続けよう。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索