ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成30年7月14日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

できる人に直接教えてもらうというのは、実に効率のいい方法だと思うのです。
仕事の進め方にしても、趣味のウクレレの弾き方にしても。

ただ、いきなり人から習うべきかというとそれはまた違う気がするんです。
まずは見よう見まねで自分なりにやってみて、そしてそのあとに、分からない部分を中心に人に教わるのがいいのかなと思っています。

人からの教わるというのは、0を1にするときではなく、ぶつかった壁の超え方が分からないときにこそ有効だと思うのです。

10段階で考えるなら、0を1にするのはまず自己流でやってみる。それから、3~4くらいまでは試行錯誤しながら進むことができる。
ただしばらくすると壁にぶち当たるから、そこでようやくできる人に教えてもらって5~6くらいまで引き上げてもらう。
そして最後はまた、自分の努力で10まで頑張るものだと思うのです。

僕の場合、勉強でいうと、中学まではこんな手順だったんです。結果、成績も良かった。
ただそれが高校、大学になると、途端に「全部教えてもらおう」という気になってしまって、自分で試行錯誤をすることがなくなりました。
成績はやっぱりダメダメでした。

下手でも、非効率でもいいから、自分なりに試行錯誤してみる大切さ。
大人になるとどんどん器用になっていくものですが、人の目を気にせずに、自分の手と頭で取り組むことを忘れずにいたいわ。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索