ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成30年7月15日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。
友人が実は書道の師範だったということで、先日、字の書き方を教えてもらったんです。

字の練習を始めて1年半。これまではずっと自己流で練習してました。

先生は通信講座の添削やテキスト。
ずっとその通りにやってきましたが、どうも違和感を覚えるところもあったんです。

たとえば、ペンを持つ位置や角度、あと力の入れ具合なんか。
そういうのって、使うペンや人の手の大きさによっても変わってくる。

教科書にはマニュアル通りのことしか載ってない。
僕の場合、どこまでテキスト通りにやる必要があるのかを確認したかったんです。

社会人になった頃に教わったこと。
それは、エレベーター前で偶然会った上司や仕事仲間には、すぐに質問ができるように日頃から準備しておけ、ということ。

忙しい人はなかなかつかまらないから、エレベーターを待つ間の数十秒から数分を活かせというのです。
そして、その話にはもう一つ大切なことがあって、それは日頃から自分が持っている疑問を整理しておけ、ということ。
短い間に確認するには、相手がイエスかノーで答えられるくらいに質問が磨かれていないとならない。

昨日はどれも自分で試行錯誤した後の質問だったから、効率よくポンポンポンと確認することができました。
人から教わると、自己流で学んだことの隙間がぴちっと埋まる感じがして楽しいです。

さて、ひきつづき自主練をがんばろう。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索