ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成30年7月21日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

こないだ、工事中の道路を歩いてたとき。
通行できるのが片道一車線と走行制限がかかっていたんです。

猛暑の中、ヘルメットに長袖姿のおじさんは旗を振って車を誘導してました。

そのとき、自分の番になった車が荒い運転でそこを通過してったんです。
スムーズに走行できなかったことにイライラしてたんでしょう。

そのとき旗を振ってたおじさんが、

「あおれ、あおれ、そんなもん。」

と呆れた声で、走り去るその車に吐き捨ててました。

なんかそれが、いいなぁと思ったんです。

仕事中って基本的には、どんな状況だって「きちんと対応する」のが正しいとされてる。
お客さんの態度が悪くたって怒鳴ってはだめで、丁寧に「お客様、・・・」と対応することが求められる。

でも、僕は非常識だと思ったり、自分がそれは違うと思った相手に対しては、別に対等に接してもいいと思うんですよね。
飲食店で振る舞いが悪いお客さんがいたら「出てけ」と怒ってもいいと思うのです。その瞬間は。

サービスを提供してお金を受け取る。その関係は対等であって、お金を払ってる方が偉いわけじゃない。
それ以外のところでなにも「お客様扱い」することはないなって。

仕事中でも横柄なそのドライバーその振る舞いがおかしいからと、思ったことを言ったおじさん。

僕もそういう状況だといつもせっかちになってしまうから、気をつけようと思うのです。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索