ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

平成30年8月5日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

女性だけ点数を減点していたという大学入試の話。
ほかにも3浪以上の男性も減点の対象だったんだとか。

そもそもの話なのですが、大学入試って「試験の点数が良かった順に合格させる」と明言してるんでしたっけ。
なんだか当たり前すぎて疑ったこともないのですが、実は「試験の点数は合格を決める1つの目安にすぎない」てことだったりして。

入試と同じように合否があるイベントに就職活動があります。こちらは途端に選考基準が多様になる。
実際に自分が面接官をした時もその判断はとても難しかったし、明確に基準を聞かれると答えづらいのです。

入試において、特定の条件の人を合格させるというのはまずいことなのか。
学問は広く平等に開かれていた方がいいと思うので、そこは利益を追求する企業に入るための選考とはちょっと違う気もします。

ただ一方で、試験でとった点数が絶対の基準であるというのもよく分からない。
熱意があるとか、縁故があるとか、そんな理由でその人を評価するというのが間違いである理由を僕は説明できません。

どちらにせよ、その基準がなんであれ、そこで嘘をつくのは問題だと思うのです。
はなから、女性や3浪以上の人は減点しますと公言してみればいい。

そういう考えの学校が選ばれるのかどうか、公言すればはっきりするはず。
でもやっぱり教育機関というのは、そうあるべきではないと思いますが。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索