ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

恥ずかしい思いをしないと、老け込みそう。|平成31年2月3日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

ウクレレを携えてスタジオに入ってきました。
学生時代はボーカルだったから、スタジオに楽器を持ち込むのは初めて。憧れてたんですよね楽器を持ってスタジオに入ること。

でも結果はほろ苦いもので、周りの人たちの演奏にまったくついていけませんでした。
アンプには繋いでいるけれど、最後は完全に音をミュートしてしまう始末。もう音を聞かれることが恥ずかしかった。
演奏中はずっと大汗をかきながらやってました。

こんな恥ずかしい思いをしたのは、まだ若手だった頃に大勢の前でプレゼンをしたのが最後かもしれない。
いや、そういえば去年、車の運転を再開した時も汗をかきながら夢中で練習したなぁ。
苦手なことをするのってしんどいし、恥ずかしいことをするのもできれば避けたい。でもそれでいいのかな。

いま思っているのは、ちゃんとウクレレを人前で弾く場を持とうということ。
毎日練習はしてるけれど、人前でやるのと1人で弾くのは全然違うんだなと昨日実感しました。もっと頑張る意味でも、発表の場というのは必要みたい。

プレッシャーも、恥ずかしいのもほんとはイヤなんですけどね。
でも恥ずかしい思いをしながら頑張ることをしないと、老け込んでゆく気がするのです。

ひとまず家飲みの時に披露するくらいから始めたい。
そしていずれはなにげなく人前で演奏を披露できるようになりたい。そうだ、それを今年の目標にしてみよう。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索