ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

飲み会のセッティングって、実にクリエイティブ。|平成31年2月8日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

飲み会をセッティングをしていると、いろんな人がいて実におもしろいのです。

場所が遠いと文句を言いながらも、なんだかんだで来てくれる人。
直前まで連絡がないけれど、結局いつも参加する人。
場所も日付も周りにおまかせで、とにかくみんなに合わせてくれる人。

家族の予定やデートと違って、数人の飲み会というのはちょうど公私の間くらいというか、その性格がよく出ると思うのです。

そういえば、社会人になった10年ほど前。
仕事もさることながら、飲み会の段取りについて先輩からいろいろと教わったことを思い出しました。

最近の風潮じゃ、職場での飲み会の立場はどんどん弱くなっているみたい。
そんな職場関連の、しかも任意参加の飲み会というのはなんともデリケートなイベントで、仕切るには仕事以上に考えることが多いんですよね。

まず誰の予定から押さえるか。会費は傾斜をつけるか、同じにするか。
お店のグレードはどうするか。何時から開始するか。
あまり気が進んでないであろう人にもなるべく参加してもらうのか。それとも欠席しやすいように逃げ道も用意しておくのか。

飲み会のセッティングって、実にクリエイティブ。デザインすることがたくさんありました。

こんなことをいま書くと前時代的だと思われてしまうのかな。
でも自由で正しいことよりも、ある程度デリケートなことに取り組む方がクリエイティブだと思うのよね。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索