ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

終電近くだというのに電車が止まってしまいました。|平成31年2月10日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

昨日、千葉から横浜まで電車で帰っていたら、終電近くだというのに電車が止まってしまいました。
都内で40分ほど停車して、その後のノロノロ運伝も合わせると帰宅は予定よりも1時間以上遅くなってしまいました。

元々は他の路線に乗っていたんです。
そっちなら一気に横浜に着いたのに、途中ふとちょうど来た別の路線に乗り換えてしまったのです。運賃が100円安くなりそうだったから。

あの選択で、停車した寒い車内にしばらくいることになってしまった。
もうとっくに帰宅してるはずだった時間、都内に止まっている電車の車内で余計なことをしたなと考えたのです。

深夜の足止めも大変ながら、なんでもない選択の違いで乗った電車が事故にあうこともあるし、車両や座席次第でもっと大きな被害を受けることもある。
些細な選択の違いが大きな運命の分かれ道になってると思うと、自分では避けきれない要素の多さに人生の儚さを感じるのです。

もちろん、自分で避けられる運命もたくさんある。
病気にならないように食事や運動に気をつかうとか、やりたい仕事をするために腕を磨くとか、そうやってコントロールできることもある。

こつこつと努力したことを一気に飲み込むほど運で決まる部分は大きいけれど、それを言ったらおしまいだよね。
昨日止まった電車の中で僕にできたのは、好きな動画を観ながら、イライラせずにのんびり待つことでした。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索