ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

進歩しているのが分かるから、楽しい。|平成31年3月5日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

今日から、このブログに自分がつくったフォントを使っています。
少し前から一部のページには使っていたのですが、よく見られるページもすべてオリジナルの書体にしてみました。

とはいえ、まだひらがなだけなんですけどね。でもなんだか今回は、楽しさとワクワク感がありました。

先週、一部のページに初めて自分のフォントを使ってみたときは、恥ずかしさというか、焦りみたいな気持ちが強かった。
そこからこつこつと修正して、ある程度整った。といってもまだまだですけど。で、今日はサイト全体に広げてみた。

なんだろう。たぶん、ちょっとずつでも進歩しているのが分かるから、楽しいのだと思うのです。
今回全体に使ってみたことで、悪いところや改善点もこれまでよりもよく見えるようになりました。スポーツでいうなら、練習をだけじゃなくて、ようやく試合にも出始めた感じ。
そうすると、直すべき場所がどんどん分かる。だから頑張っただけ進む感じがするんですよね。

頑張っていてツラいときというのは、まったく進歩がないとか、あとは前進しているのかどうかが自分でよく分からないときだと思うのです。
一方で、同じことをしていても、前に進んでいることが実感できてるなら意外とツラくなかったりする。

仕事なんかだと、小さくてもいいから成功体験が必要だ、なんて言います。
それは個人の活動でもまったく同じなんだよなぁ。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索