ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

急がなくても、大丈夫。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

朝、通勤時間帯の駅構内。

みんな、一刻を争ってる。
5分待てば次の電車が来るけれど、みんな急いで先の電車に乗りこむ。僕もそう。

そんな慌ただしい風景を眺めていて、いつも思うことがあるのです。

例えば、改札近くにいたときにホームに乗りたい電車が入ってきた場合。
その音を聞いて、ホームへ急ごうと走りだす人がいる。

一刻を争っているから、乗り遅れてはたいへん。
だから絶対に乗ろうと。

でも実は電車って、駅に入ってきてから発車までには結構時間があるんですよね。

まず電車が止まって、乗ってた人たちが降りて、そしてホームの人たちが乗る。
そのあと音楽が鳴って、そして電車のドアが閉まって、それでようやく出発をする。

だから、電車が飛び込んできたばかりなら、それから普通にホームに向かっても実は全然間にあう。
それなのに、駅に入ってきた電車の音に反応してしまって、走り出してしまう人。

慌てて階段を駆け上り、我先にと息を切らしてホームに到着する。
なのに電車はまだ止まってすらいなくて、結局列に並んで他の人と一緒に電車に乗り込む。

構内を走るのって、危ないしね。朝から慌てるのは疲れるしさ。
できるならゆっくり落ち着いてが良いと思うんだけれど。

毎日のことだから、覚えても良さそう。
それでも電車が到着した音を聞くと、やっぱり走りだす。

仕事でも同じようなことがよくある。
納期はまだ先だけれど「とりあえず急ごう」ってやつ。

もちろん早くできるに越したことはないのです。
そんな正論のもとでとにかく急ぐんだけれど、そのおかげで他のことができなくなってることに気づいてなかったり。

とりあえず急ぐ、急げるだけ急ぐ。
駅の構内で走り出す人を見ていると、その人の仕事っぷりがわかると言ったら言い過ぎかな。
言い過ぎだ。ごめんなさい。

急がないと、なんか不安。
だから本当は急がなくていいところを、つい急いでしまう。
でもそこは頭で考えて冷静にならないと、いつか息切れしてしまう気がするのです。
根性だけでは、きっと乗り切れない壁がある。

急がなくても大丈夫なことって、結構ある。
本当にそう思うのです。

別にさぼっているわけじゃないんですよ。

ウチヤマケンイチ
---
いつも読んで頂きまして、ありがとうございます。
ご意見、ご感想をコチラからいただけるとうれしいです。

LINEで送る
Pocket

最近のこと
アーカイブ
検索