ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

効率と丁寧さのバランスってむつかしい|令和2年6月21日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

以前から日用品の多くを、ネット通販の定期便で購入しています。
一度登録すれば買い忘れもなくなるし、重たい荷物も届けてもらえるからとても便利なのです。

先日、そんな定期便の荷物が突然自宅の前に置かれていました。
確認してみると、どうやら最近すべての配送が置き配に切り替わったみたい。僕はそれに気づいていなかったのです。
配送があったことに気づかなかった僕はしばらく荷物をそのままにしてしまい、一部の荷物は盗まれてしまいました。

僕自身、普段仕事でサービスを提供している側なので、こんな方法を選んでしまうのは分からなくもないんです。
個別に置き配に切り替えることを確認していたら、どれだけ切り替えられるか分からない。それより一斉に手渡しから置き配に切り替えて、そこから希望する人だけ手渡しに戻した方が効率が良い。

それを理解しつつも、やっぱり自分が担当するサービスではこういうことはしたくないと思いました。
ちなみに盗られてしまった商品は返金してくれるし、実際にはメールやマイページなんかに「置き配に切り替えます」という連絡は来ているのかもしれません。

ただ、本当に相手に伝える仕組みになっているか。それが大切だと思うのです。免責的では足りない。
僕はUXデザイナーなので、その部分がどうしても気になってしまいます。

効率と丁寧さ。このバランスってほんとむつかしいんだよね。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

最近のこと
アーカイブ
検索