ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

同じことを繰り返し練習するか、幅を持たせるか|令和2年9月30日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

最近は足の石膏像ばかりデッサンしています。
以前は色々なモノを描いていたのですがなんだか停滞感があり、そこでひとつのモチーフを集中して練習し、少なくともそれだけは上手に描けるようになろうと思ったのです。

同じことを繰り返し練習するか、それとも色々なメニューを取り入れるか。このどちらにするかは迷うものです。

基本的には僕は同じことを何度も何度も繰り返し練習するのが好きです。
ウクレレの練習なんかは、もう何年もずっと同じ数曲を毎日繰り返し弾いています。

当然、同じ内容を繰り返しやっていれば、その部分に関しては上手くなっていくわけです。
一方で、練習のバリエーションを増やせば、満遍なくスキルが上がるからバランスは良さそう。その上、異なる練習と練習の間が繋がって、それぞれのスキルも強固になっていくような気がします。練習に幅を持たせるのも捨てがたい。

トレーニングの動画なんかを観ていても、メニューは変えない派と様々なメニューを取り入れる派のどちらの人もいるんですよね。
どちらが正しいとは一概には言い切れませんが、個人的にはある程度の期間は同じことを繰り返しやる方が効率は良いと思ってます。

ちなみに同じことを繰り返すことは、飽きるというのも問題もある。
ただ僕の場合は不思議なもので、同じことを何年も繰り返しても飽きないのです。はたしてこれは良いことなのでしょうか。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

最近のこと
アーカイブ
検索