令和3年9月28日に考えたこと

コロナは断食やデトックスに似てる

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

いよいよ緊急事態宣言が解除されるみたい。
解除後もまだまだ制限は残るようですが、それでも普通の生活にちょっとでも近づくことは嬉しいものです。

僕は元々あまり外出をしないので、コロナで変わったことと言えば飲み会ができなくなったこと、あと仕事がオンラインになったことくらいです。
たぶん多くの人たちよりも影響は受けてなくて、外出がなくなった分だけコロナ前よりもむしろラクになったところすらあります。

影響を受けたのが飲み会くらいとはいえ、そこでしか会わなかった人たちもいるわけで、これまで定期的に会っていた人たちに会わなくなったというのは結構な変化かも知れません。

コロナをきっかけに色々なことが1度リセットされると思うのです。それは人間関係もそうで、元々希薄だった関係性は今回かなり消えていったと思うんですよね。
一方で、コロナが明けたら早く会いたいと思っている人たちは、残したい関係、残すべき関係ということで、コロナという半ば強制的な分裂によって、そういう目には見えない部分も変化したと思うのです。

コロナ明けは良い世界になると思うんです。明確な世界。身体で言うなら、断食のような、デトックスのような、そんな行為に似ている気がする。
もちろん、人間関係以外にも自分が大切にすべきことに気づいた人は結構いると思うんです。

とりあえず僕の場合は、軽く飲みに行っちゃおうかな。

ウチヤマケンイチ