ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

デザイン物を見せない。

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

新しいお仕事のお話を頂いて、先日お客様のところに伺った時の話。

こういう場合、まずはお互いに自分たちの紹介をするんです。
デザイナー側は、これまでデザインした物を見せたり、担当した商品を伝えたり。
企業側は、自分たちが運営するサービスや社内の体制について説明したり。

デザイナーはデザインをするのが仕事なわけだから、ポートフォリオと呼ばれるデザイン集を用意するんです。
これが採用不採用を決めるのに重要な役割を果たしたりする。

ただ先日の打ち合わせでは僕は自分のデザインした物を一切出しませんでした。お客様も求めてこなかった。
デザイナーなのにデザイン物を見せないのはおかしな気もしますが、僕はむしろこのやりかたも悪くないと思っているんです。

デザイナーにとってより大切なのは最終的にデザインした物ではなくて、そこに至るまでの考え方やプロセスだと僕はそう思っています。
デザインってすべてが一点物だから、デザイン時の状況や環境がわからないままに最終的なデザイン物だけを見ても、そのデザイナーが機能していたかどうかは判断できないじゃないかなって。

常に自分の頭で考えて、より良いやり方を探ってみたい。
そしてそれが見つかったならそちらも試してみたいと、そう思うのです。

そうそう。先程ついに車が納車されました。
まずは車内を掃除して、これから練習に出かけようと思います。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索