ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

失敗したあともう一度やる。|平成31年4月8日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

とあるプロレスラーの方が以前、テレビでこんなことを言ってました。
空中技で怪我をしたときはすぐにまた同じ技をやるようにしてる。それで成功して恐怖心を克服するんだって。

これはその通りだなと思うのです。
おととい飲み過ぎで持ってたワインボトルを駅で落として割ってしまいました。
翌日菓子折りを持って謝りに行き、その足でまた飲みに行ったのです。もちろんその日は飲み過ぎない。

プロフェッショナルな話に比べると情けないレベルの話ですが、お酒で失敗した後に「もう飲まない!」ではなくて、これからはほとほどに飲む、と決める。なんだかそっちの方が現実的な気がするのです。

お酒の話はさておき、そんなふうに失敗したあとにもう一度やるという話はすごく参考になる。
もちろんそれが一度も成功していないことだと話が違うのですが、逆にたった一度の失敗で恐怖心が生まれてしまって、それでそのことをやめてしまうというのは実にもったいない。
そして失敗を取り戻すには時間をあけて準備をするのではなく、間髪入れずにもう一度やって、記憶と失敗をさっさと更新した方がいいと思うのです。

仕事なら、プレゼンで失敗したとか、打ち合わせでうまく説明できなかったとか。
そういうのは、もうすぐに機会をもらってリベンジした方がいい。

準備も大切だけれど、落ち込んでる時間を短くする意味ためには、勢いも大事だと思うのです。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

アーカイブ
検索