ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

自分に向いている仕事に就くこと|令和2年5月21日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

ようやくドラクエIからIIIまで全部クリアしました。
僕がドラクエをクリアしたのはIVからだったので、小学生の頃にやり残した宿題をようやく終えられた感じです。

さて、クリアしたのは良いのですが、ゲーム終盤でおそらく物語のキーとなる感動的なメッセージを読み飛ばしてしまいました。
画面を進めようと何度もボタンを押していたら、いきなりメッセージが出てきて読む前に先に送ってしまったのです。

こんなふうに大切なメッセージやイベントを見逃してしまうことが僕はちょくちょくある。なんだかなぁという感じ。

こういうとき、「どうすればユーザーはメッセージを見逃さずに済むか」と、その解決策を考えるんです。
それをアウトプットすることはありませんが、頭の中でいくつかの案を出してみる。

こんなふうにデザイン案を考えるのはゲームのときだけじゃなく、コンビニで商品の配列を見ていても、飲食店でメニューを見ていても、なにをしていてもある。
UXデザイナーは体験を設計するのが仕事だから、その気になれば24時間いつでもお題を見つけることができるわけです。

これは僕にとってすごく良い環境なんです。まとめて学習するのが苦手なので、普段の生活の中で自然と仕事の準備ができるのは自分に向いているのです。
自分に向いている仕事に就くというのは、仕事を楽しく、そして本当の意味でラクにする秘訣だと思ってます。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

最近のこと
アーカイブ
検索