ニッカオフィス / knicka office 横浜の商店街で活動しているクリエイティブスタジオ

実は自分に対しても説明をしていたということ|令和2年7月17日に考えたこと

ニッカオフィスのウチヤマケンイチです。

久しぶりに人に説明するためのスライド資料を作ってます。
会社員を辞めてから、その手の資料を作る機会がすっかり減りました。数年前まではそれがメインの仕事みたいなものだったのに。

人に説明をするための資料を作ることは、ときに時間が勿体ないと思うことがありました。
本業はデザインをすること。組織や上長に説明するための資料作りは、なんだか仕事のための仕事というふうに感じていたのです。

ただ、いざその手の仕事をやらなくなって気がつきました。それは人に説明をするということは、実は自分に対しても説明をしていたということ。
資料を準備する中で自分でも理解していなかったところや間違っていたところに気がつける。あれは仕事のための仕事のように見えて、実はかなり本質的な仕事だったように思います。

いま作っているスライド資料ですが、実は見せる相手はいません。自分のために作っています。
それにしても資料としてまとめていると、良い意味で他人事になるというか、冷静に考えることができる。そうそう、この感覚。

このやり方が誰にでも良いやり方なのかは分かりませんが、僕の場合はずっとこのやり方で仕事をしてきたのでしっくりきます。

いま作ってるのは、今後の投資方針についての資料。
このあとは婚活とか、仕事場のリフォームとか、ゴルフのことなんかもまとめてみよう。なんだか楽しくなってきた。

ウチヤマ ケンイチ

LINEで送る
Pocket

最近のこと
アーカイブ
検索